おすすめ

離婚から1年半が経ちました

9歳~17歳の5人の子ども達を連れて離婚しました。

今で言うワンオペが原因でした。

十何年ものそれで、着々と心が破壊されて来ました。

5人の子育てを一人で・・・そこに待ち受けているのは・・・

良い選択だったのか、悪かったのか 当時は何も考えられませんでした。

ただ、ただ

そこから身体はフル稼働でした。 親権は私が頂きました。

役場にも何度も足繫く通いました。家裁、学校、法務局、司法書士事務所・・・

全ての手続きを終えるのに、気付けば一ヶ月が経っていました。

よく、離婚は結婚の何十倍もの労力がいる!と言うけど、

協議離婚ですら、後の手続きにたくさんの時間を要します。

離婚前の話し合いから考えると何年もの時間を費やしている事になるんですよね。

そして、これが離婚調停になったりすると

さらに、その何倍ものつらい時間を過ごさなくてはならない。

改めて考えると本当に心が折れてしまいそうです。

私の元パートナーからも、離婚が成立した途端に、恨みつらみをたっぷり込めた

長い長いlineが

半年の間、毎日毎日

恨みつらみ、時に思い出、時に子どもを盛り込んで

ひたすら毎日送られてきました。

そんなに関わりたいなら、さようならの前にちゃんと関わってくれたら良かったのに。

これにはかなり苦しめられたけど、特に反論することもなく 時が過ぎるのをジッと待ちました。

離婚前では容認してくれたことも 全てを引っ張り出して

俺は頑張ってたのに!お前のために働いて来たのに!子ども達の事も

一生懸命考えて来たのに

のにのにのにと、何か月も言い続け 結婚はおろか、出会いから後悔させるような

言葉をずっと送り続けてきました。

結婚生活では見えなかった事が、離婚してからの数ヶ月で全て見え、

離婚を後悔することは全くありませんでした。

それでも、

そんな事に悩んでる時間は私にはありません!仕事、家事、子どもの事

淡々と日々を過ごしました。

私が仕事で長時間いないのをいいことに、離婚前の取り決めはどんどん破られ

勝手に家に上がり込んだり、学童に迎えに行ったり…勝手なことばかり続き

協議書を作成していたことに、どんなに胸を撫で下ろしたか知れません。

離婚直前で元旦那は豹変し、私だけでなく 子ども達にまでおかしな言動を

し始め、怒鳴る、切れるを繰り返し 子ども達は萎縮し、早く穏やかな生活を確保

することに最善を尽くしました。

予想通り、協議書を作成の際 養育費について渋り出したので

長期戦になるのが怖く、金銭的な取り決めは極めて緩くでお互い承諾しました。

結果、慰謝料、養育費は発生しない事から、公正証書ほどの効力はありませんが、

離婚協議書という形になりました。

もし、口約束だったら!と思うと、ものすごく恐ろしい事ですが、、、

普段 どんなに穏やかな、どんなにサバサバとした人でも

離婚をきっかけに どう豹変するか分からないということも

この離婚で一番に学びました。

けれど、

自分の思うように行かないと、また何通もレシートみたいに長いlineが送られて来ます。

あまりに自分勝手な内容に、子ども達が眠ってから 一人泣くことは何度もあり

一体、この人は何が一番大事なんだろう・・・と

頭を悩ます日々もありました。

でも、忘れてはいけないのは

離婚の一番の被害者は子どもなんだという事。

子ども達との時間、つまり子育ての時間は一生を通して考えれば

ほんの僅かな時間です。

それを無駄にして

最後の時を迎える事になったら、何も残せなかった自分に死んでからも悔いる事になるんだろう・・・

私を選んで生まれてきてくれた子ども達に私が生きた証を残したい・・・

そう思いつつ

今を生きてます。

今、自分に出来ることを一つ一つ積み重ねて、いつか心から笑えるように。

oznor

人生に失敗がないと 人生に失敗する

       ~斎藤茂太さん~

最初のブログ投稿

初めまして!

5人のシンママです。

趣味はDIY、筋トレ(顔筋!笑)、料理、アウトドア、音楽、(最近始めた)FX、子育て、

です。

離婚から一年半経ちました。家族に笑顔が戻るまで・・・

離婚するまでの経緯や葛藤

子ども達の心の成長 髪を振り乱しての毎日の奮闘など

日々のたわいない出来事に

うんうん!と共感頂き

皆様と共に ゴールの見えない子育てを頑張って行ければ!と思っております。

よろしくお願いします。

これは私の最新ブログでの初投稿です。この新たなブログはまだ立ち上げたばかりです。これから充実させていきますのでぜひご注目を。以下で購読をお申し込みいただくと、新しいブログ投稿があったときに通知をお受け取りいただけます。

自分を紹介する (投稿例)

こちらは元々ブログユニバーシティの一部として公開されていた投稿例です。WordPress が用意した10のプログラムの中の1つにご登録いただき、今すぐブログを始めましょう。

本日、投稿を公開される予定になっているようですが、ブログの見た目を心配する必要はありません。まだブログに名前を付けていなかったり、プレッシャーを感じたりしていたとしても、大丈夫です。「新規投稿」ボタンをクリックしたら、WordPress を使っている理由をお話しください。

これが必要な理由は何でしょうか ?

  • それは、新しい読者にブログの背景を伝えるためです。何についてのブログを書きますか ?あなたのブログを読者が読むべき理由は ?
  • こうした情報を追加することで、自分のブログについてや、今後それをどうしていきたいかについて、アイデアを明確にできます。

投稿は短くても長くても構いません。自分の生活を簡単に紹介したり、ブログの理念、将来の目標、これから公開したい内容を記したりすればよいでしょう。

ブログを始めるにあたり、WordPress では次のような質問をいくつか用意しました。

  • 日記ではなく、ブログを書いて世間に公開する理由は何ですか ?
  • 今後どのようなトピックについて書こうと思っていますか ?
  • 自分のブログを通じてどのような人たちとつながりを持ちたいと思っていますか ?
  • 来年1年間ブログをうまく続けられたして、どのようなことを達成したいと思っていますか ?

とは言え、これらの質問にとらわれる必要はありません。ブログのすばらしい点の1つは、私たちが学び、成長し、相互に影響を与え合うにつれ、ブログも進化していくという点です。ただし、自分がブログを始めたきっかけを理解し、ゴールを明確にしておくことで、投稿したいアイデアが2つ3つ浮かんでくる場合があります。

何から取りかかるべきか分からない場合、最初に頭に浮かんだことを書けば、それで十分です。私たちが大好きな「書く」ことに関する書籍を執筆したアン・ラモット氏によると、私たちは私たち自身に「初めての下手くそな下書き」を書いても良いと許可する必要があるのだそうです。アン氏は良い点を突いています。とりあえず書き始めて、編集の心配は後回しで良いのです。

公開の準備ができたら、ブログで主に扱っている内容 (執筆、写真、フィクション、子育て、食べ物、車、映画、スポーツなど何でも) を説明したタグを3~5個、投稿に付けてください。こうしたタグのおかげで、あなたのトピックに関心を持った人たちが Reader であなたのブログを見つけられるようになります。また、他の新規ブロガーもあなたのブログを見つけられるように、タグの1つを必ず「zerotohero」にしてください。